地震に備えた家づくり

Earthquake-Resistant

耐震構造

梅原建設の地震に備えた家づくりをご紹介いたします。

静岡県の建物は耐震の意識が高い

梅原建設の地震に対する取り組み

「いつ大きな地震が起きてもかしくない」とは、いまでこそ日本全国どこでも聞かれるようになりましたが、震災が想定されてきた一部の地域では以前から関心がもたれ、防災のスローガンとされてきました。 特に東海地震に備えてきた静岡県では、全国に先駆けて震度7以上の地震を想定した建築を行うことが県独自の指針により推奨されてきました。

静岡県地震地域係数Zsは全域1.2以上とする

(静岡県建築構造設計指針2.5.2より)

梅原建設では、長年この指針に沿った家づくりを行っており、その高い基準の上で震災後も安心して暮らせる家づくりを目指しています。

伊豆の地形の特徴

約20万年前まで続いた火山活動により形成された伊豆半島は、固い地盤に広く覆われ、周りを海に囲まれながらも高低差のある景観の良さが特徴です。

伊豆の固い地盤(3種区分地盤種)

出展:静岡県ホームページ 東海地震被害想定(市町別)

市町村/地盤種
(面積率)
第1種地盤
良好な洪積地盤及び岩盤
第2種地盤
第1種、第3種に属さない洪積・沖積地盤
第3種地盤
沖積地盤のうち軟弱地盤
伊東市72.5%27.0%0.5%
熱海市73.4%26.6%0.0%
河津町市85.6%14.4%0.0%
東伊豆市73.3%26.7%0.0%

伊豆の高い海抜(別荘・分譲地における海抜)

自社調べ:各管理事務所の所在地基準

別荘・分譲地名海抜
宇佐美みのりの村338m
イトーピア一碧湖畔別荘地320m
伊豆急行 伊豆高原分譲地134m
大室高原別荘地274m
伊豆すいらん荘別荘地90m
殖産浮山温泉郷45m
赤沢恒陽台366m

梅原建設の耐震取扱商品

梅原建設では、さらに耐震性を高める商品として、下記の取り扱いを行っています。

  • TRCダンバー

    特殊高減衰ゴムが地震の運動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変換し揺れを軽減させる制震装置です。シンプルな構造により新築だけでなく耐震リフォームにも対応が可能です。

    詳しくはこちら
  • SE構法

    独自の金物や構造計算を採り入れることで、高い耐震性と自由で開放的な間取りの両立が実現する構法です。大開口の間取りや傾斜地、木造三階建ての住宅にも柔軟に対応します。

    詳しくはこちら
ページのトップへ戻る